老人ホーム 看護師 転職

老人ホームの看護師 主な仕事内容はこんな感じ

老人ホーム

転職を考える看護師のなかには、それまで勤めていた病院やクリニックなどと全く業態の異なる介護施設への転職を行う人もしばしばいます。
介護施設で看護師の転職先として一番多いのは特別養護老人ホームや有料老人ホームと言われる老人ホームでの看護師勤務です。

 

特別擁護老人ホームや有料老人ホームでの主な看護師の仕事はバイタルチェックや薬の管理胃ろう部などからの経管栄養の準備や注入褥瘡や皮膚トラブルの処置、利用者の急変時の対応などがほとんどです。
また施設によっては気管切開をした人を受け入れているところもあるので、そう言うところでは吸引や気管切開の交換なども行います。

 

基本的には病院ではないのでそこまで手技を必要とした作業は行わないですが、医師が常駐していないので看護師判断が非常に重要とされる仕事です。
また介護職員たちが多い職場になるので介護職員との連携や業務の兼ね合いを行って仕事をこなしていきます。

老人ホームで看護師として働くメリットとは?

転職先を老人ホームに考える人の多くが看護師として老人ホームで働くメリットを感じているようです。
老人ホームで勤務することのメリットとしては、残業がほとんどないこと、夜勤がないこと、業務が病院と比べてそれほど多くないことなどがあるようです。
残業がほとんどなく、夜勤がないのでブランクあけの看護師の復帰職場としての人気も非常に高く、子育てやプライベートとの両立が行いやすいとメリットに感じる人が多いのが特徴です。

 

夜間に体調が急変した利用者などがいれば、夜勤中の介護職員より連絡がくることがありますが、介護士への指示を出したり、よっぽどの時には施設に行ったりして対応することもあります。
しかしそれほど頻度は多くないので働きやすいと感じる人が多いようです。

 

また、病院とは違って一人ひとりの利用者と時間をかけて向き合うことが出来、看護に特化した仕事を行えるということもすごくやりがいに感じる人が多い理由です。
病院では疾患のある患者が退院してしまえばそれ以上踏み込んで看護を行うことが出来なくなり、また看護以外の医療行為を必要とされることも多いので負担に感じる人も多いようです。

老人ホームで働くデメリットとは?

老人ホームに転職するデメリットとしては、医療現場から離れてしまうので、再び病院などの医療機関で働こうと思った時になかなかそのスピード感や忙しさについていけないということはあります。
また、看護に重点を置くより医療現場でレベルアップを行いたいと思うのであれば老人ホームで働くメリットは感じないかもしれません。

 

他には、老人ホームで働いている多くのスタッフが介護職員になり、自分以外に看護師がいないということをデメリットに感じることもあります。
介護士と看護師ではそもそもの分野が大きく違うので、介護士に医療に関しての知識がないこともよくあり、看護師への依存が高くなってしまうこともしばしばです。
また、連携のとりにくい介護士にあたってしまうと業務がはかどらなくなってしまうこともあります。
できるだけ現場の雰囲気の良いところを選びたいものですね。